2020年5月24日日曜日

20200524 Ann Intern Med .Association Between Treatment With Apixaban, Dabigatran, Rivaroxaban, or Warfarin and Risk for Osteoporotic Fractures Among Patients With Atrial Fibrillation

背景:抗凝固薬の種類が心房細動患者における骨粗鬆症性骨折のリスクと関連しているかどうかは不明である。心房細動(AF)患者における抗凝固薬の劇症的合併症である骨粗鬆症性骨折のリスクと抗凝固薬の種類が関連しているかどうかは不明である。

目的。抗凝固薬間で骨粗鬆症性骨折のリスクを比較する。

デザイン。集団ベースのコホート研究。

設定。香港病院局の地域全体の電子健康記録データベース。

参加者。2010年から2017年の間に新たに心房細動と診断され,ワルファリンまたは直接経口抗凝固薬(DOAC)(アピキサバン,ダビガトラン,リバロキサバン)の処方を受けた患者。フォローアップは2018年12月31日に終了した。

測定を行った。抗凝固薬使用者における骨粗鬆症性股関節骨折および椎体骨折を、傾向スコア加重累積発生差(CID)を用いて比較した。

結果。確認された患者は 23 515 例(アピキサバン使用者 3241 例、ダビガトラン使用者 6867 例、リバロキサバン使用者 3866 例、ワルファリン使用者 9541 例)であった。全体の平均年齢は74.4歳(SD,10.8)で,73.1歳(ワルファリン)から77.9歳(アピキサバン)までの範囲であった。中央値423日の追跡調査では、401例の骨折が確認された(粗イベント数[100例年あたりの加重平均値]:アピキサバン53例[0.82]、ダビガトラン95例[0.76]、リバロキサバン57例[0.67]、ワルファリン196例[1.11])。24ヵ月追跡後、DOACの使用はワーファリン使用よりも骨折リスクが低かった(アピキサバンCID、-0.88%[95%CI、-1.66%~-0.21%];ダビガトランCID、-0.81%[CI、-1.34%~-0.23%];リバロキサバンCID、-1.13%[CI、-1.67%~-0.53%])。24ヵ月目におけるDOAC間の全頭比較において差は認められなかった(アピキサバン対ダビガトランCID、-0.06%[CI、-0.69%~0.49%];リバロキサバン対ダビガトランCID、-0.32%[CI、-0.84%~0.18%];およびリバロキサバン対アピキサバンCID、-0.25%[CI、-0.86%~0.40%])。

限界。残存交絡因子の可能性がある。

結論。心房細動患者において、DOACの使用はワルファリン使用と比較して骨粗鬆症性骨折のリスクを低下させる可能性がある。骨折リスクはDOACの選択によっては変化しないようである。これらの知見は、抗凝固薬を選択する際のベネフィット・リスク評価に役立つであろう。


www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

1 件のコメント: