2021年9月12日日曜日

20210912 JBJS Does Implant Selection Affect Patient-Reported Outcome Measures After Primary Total Hip Arthroplasty?

 背景 

股関節全置換術(THA)は信頼性の高い手術であるが、整形外科医にとって、どのような手術要因が患者の報告する結果に影響を与えるかを特徴づけることは非常に重要である。本研究の目的は、THA時のインプラントの選択が、(1)患者が報告する痛み、機能、活動性の改善が不十分であること、(2)痛みに関して実質的な臨床的利益が得られなかったこと、(3)痛みと機能に関して患者が許容できる症状が得られなかったこと、のいずれかに影響するかを明らかにすることである。

方法

標準化されたケアパスウェイを持つ単一の医療システムにおいて、一次THAを受けた4,716名の患者から前向きデータを収集した(2015年7月から2018年8月まで)。患者は、使用した大腿骨・寛骨臼コンポーネントおよびベアリングサーフェスの種類に応じて分類した。アウトカムには、術後1年間の患者報告アウトカム指標(PROM)と、股関節障害・変形性関節症アウトカムスコア(HOOS)およびUCLAアクティビティスコアの改善が含まれた。不十分な改善とは、HOOSの痛みと身体機能のショートフォーム(PS)では、PROMの変化が臨床的に重要な最小の差(MCID)未満であり、UCLAの活動スコアでは、ほぼ自宅での活動状態を超えて改善しなかった(スコア3以下)ことと定義した。MCIDおよびSCBのしきい値は、文献で報告されている値を用いた。

結果

3,519名(74.6%)の患者で1年間のPROMデータが得られた。1年後のHOOS疼痛スコア、HOOS PSスコア、UCLA ActivityスコアのMCID達成率は、分析したすべてのインプラントパラメータにおいて差がなかった。多変量回帰法により、HOOS 疼痛および HOOS PS によると、インプラントの選択は不十分な改善の有意な要因ではないことが示された(p>0.05)。

UCLA activity scoreでは、大腿骨頭が大きい(36mm)方が、28mmの大腿骨頭よりも不十分な改善のオッズが低いことが示された(オッズ比[OR]:0.64、95%信頼区間:0.47~0.86、p=0.003)。インプラントに関連する基準は、HOOSの痛みに関して、PASS達成またはSCB達成の有意な要因とはならなかった。

結論

ほとんどの場合、THAのインプラントの特徴は、痛みや機能の改善が不十分になる要因ではない。外科医は、安定した固定と股関節のバイオメカニクスの回復を可能にする、実績のあるインプラントを利用すべきである。

<論評>

インプラントの選択は術者要因のもっとっも大きなところの一つです。まあ、たしかに現状の薬事の許認可のレベルの高さをもってすれば患者立脚型評価で差が出るほどのひどい差は出ないだろうと推測されます。

大径骨頭が大きいほうが脱臼不安感が少ないのでそれが影響しているのかもしれません。(僕は個人的に使いませんが。)